「先見日記」

『Designing ours』を編集したのをきっかけに、いろいろな方とお会いする機会を得た。彼と二回りも年が […]

続きを読む →

ビルは継承しない

tumblr_inline_opizso1Lzx1uuajw9_500

仕事で定期的に彦根に足を運ぶことがある。仕事先との打合せだけでなく、できるだけまちなかを歩きながらまちを見るこ […]

続きを読む →

テセウスの船

アイデンティティの流れで、以前ブログで書評を書いた『アイコン的組織論』のなかで紹介されていた、とある神話につい […]

続きを読む →

夫婦別姓という選択肢がある社会

Change.orgで夫婦別姓についてのキャンペーンが行われていることもあり、署名サイトに書いた自身の考えをブ […]

続きを読む →

未完の想像と創造

昨日、とある打ち合わせで「未完」についての話になった。 我々は、あらゆる企画でもついつい「完成」を目指しがちだ […]

続きを読む →

名を継ぐこと

NHKで歌舞伎の名門、高麗屋の三代同時襲名のドキュメンタリーが放送されていた。 九代目幸四郎改め二代目松本白鸚 […]

続きを読む →

節目と老い

節目というものは大事なもので。いまや、常時SNSでつながっているような人たちが多いなか、毎日は終わりなき日常と […]

続きを読む →

『「自分たち事」のデザイン』に向けて

IMG_3084

年末年始、とある原稿のゲラと向き合う時間を確保している。その原稿は、日本における情報デザインのパイオニアの一人 […]

続きを読む →

周囲の感謝と、一つひとつを丁寧に過ごすこと

2018年となりました。新年あけましておめでとうございます。 2017年は、自分自身の振る舞い方、あり方を見直 […]

続きを読む →

「ルールデザイン」と向き合おう

FullSizeRender 12

今日、10月22日は衆院選の投開票日。あいにくの雨模様(台風も来てるし、月曜大丈夫だろうか)のなか、投票に行く […]

続きを読む →

盆踊り

IMG_1158

誕生日を過ぎると「ああ、もうすぐ夏も終わるな」と毎年感じます。 誕生日は、近所で開催されてた大江戸まつり盆おど […]

続きを読む →

NYで見つけたトイレの張り紙

パソコンの写真を整理してたら、2016年の6月にPersonal Democracy Forumというカンファ […]

続きを読む →

ふとした手紙

letter

先日、夜遅くに帰宅しマンションの郵便受けで郵便物を確認していたところ、ガス料金の払込書が入っていた。「そうか、 […]

続きを読む →

寺社のあるまちを抱いて

FullSizeRender 10

先日、OVER THE MOUNTAINの加藤さんにお誘いいただき、拠点である松陰神社商店街を案内してもらった […]

続きを読む →

年のはじめに

写真は、11月

新年が明けてもう数日が経った。 元日といえば、長野から帰ってきたあとに、年越したけど信州土産のそばでも作るかと […]

続きを読む →

温泉街から想うこと

img_1143

このブログは、長野の上田で書いている。何故かというと、この年末は12月27日から31日まで、上田にある霊泉寺温 […]

続きを読む →

NYのCDO・Rachel Haotが都市問題解決のためのインキュベーターへ転身、官と民の壁を超えたキャリアステップへ

以前、ブログでも紹介したNYCのChief Digital Officer(CDO)のRachel Haot。 […]

続きを読む →

NYCで体験したシェアバイク、徹底したユーザビリティと移動データについて

以前のLinkNYCについてまとめたブログから少し時間が空いてしまった。今回は、NYC滞在中に使ってて便利だっ […]

続きを読む →

路面は街の風景をつくる要素

当たり前な話かもしれないが、人は道路を歩くので、(場合によって下を向いているときもあるだろうが)歩いているとき […]

続きを読む →

閉じ方、たたみ方について考えている

2013年の年末に書いたブログの内容が、この2,3年近くずっと頭の中に残っている。2014年の5月には、こん […]

続きを読む →

すべての公衆電話をWi-Fiキヨスクにする「LinkNYC」、次なる都市に向けた動きへ

IMG_8503

6月に、久しぶりにニューヨークを訪れた。2011年夏以来なので、5年ぶりだろうか。 今回はPersonal D […]

続きを読む →

ネット選挙が当たり前になった時代のこれから

期日前投票の一般化 参議院議員選挙(以下、参院選)もすでに終盤に差し掛かるなか、候補者の演説も熱を帯びている。 […]

続きを読む →

三者三様の思いや形をもとにしたシビックエコノミーを実感

57479ce70d106

6月24日、岡村製作所の Future Work Studio “Sew” にて、「シビックエコノ […]

続きを読む →

ロベール・ルパージュ「887」

記憶とは、その人に刻まれた歴史のアーカイブ。同時に、どう記憶するか、という点においてその時感じた感情や経験に意 […]

続きを読む →

誰のためのオリンピックか

「東京のオリンピックのことって、世界でどれだけ認知され、そして、期待があるのか」 そうした疑問を考えながら、果 […]

続きを読む →

映画「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」とバンクシーが描き出そうとしているもの

BANKSY

2013年10月1日から1ヶ月の間、NYで毎日行われたグラフィティアーティスト・バンクシーの作品公開。映画「バ […]

続きを読む →

その地域の「らしさ」を追求するために、これからの「エコノミー」について考えてみる

civiceconomy_japan

昨今、「地域」を考えようとする動きが増えてきて、自治体関係者から仕事や相談の依頼も多くなってきた。自治体も人口 […]

続きを読む →

アートはこれまで以上に「自由になりたがっている」のかもしれない

再度、消灯した『Counter Void』

今回のプロジェクトのコアでもあるRelight Committee 。2015年9月28日に行われたキックオフ […]

続きを読む →

「アートを使う」ことは「アートを民主化」すること

CC BY Karin Dalziel on Flickr

今回の『Counter Void』の再点灯も含めたRelight Projectのはじまりは、2013年7月の […]

続きを読む →

「Relight Days」が問いかけた公共へのはみ出し方

2016年3月13日23時59分過ぎ−−それまで点灯し数字をカウントしていた『Counter Void』が消灯 […]

続きを読む →